HOME >保育方針について

保育の理念

 「子どもは、自ら成長・発達させる力をもって生まれてくる。大人(親や教師)は、その要求を汲み取り、
 自由を保障し、子どもたちの自発的な活動を援助する存在に徹しなければならない」

 マリア・モンテッソーリはこう言っています。

 私たちは、この言葉を胸に、 自立し向上心を常に
 持ち続ける子供達の手助けをしていきたいと考えています。

 幼児期はこれから先の人生にとって
 非常に重要な時期です。

 すべての子供たちが、元々持っている能力をしっかりと
 自分のものにし、磨き上げていく事ができるように、
 ご家庭と一緒に愛情を持って 支えていきたい、
 またその環境を提供していきたいと考えています。


 



保育の計画と特徴

 モンテッソーリメソッドを基本とした理念をもとに、目標に向かって次のような計画を実践していきます。

 (1)モンテッソーリメソッドの資格を持った先生(保育士)を中心に、日常の生活リズムを確立します。

 (2)日常の指導は、出来るだけ指示、命令せず子供達個人個人の興味に合わせて
 補助・支援していきます。

 (3)敏感期の子供たちのさまざまな興味を喚起する教具を提供していきます。

 (4)園内だけでなく、近くの公園(200メートル以内)でのお遊びや、契約農園での芋掘りなど
 園外保育も取り入れていきます。

 (5)清潔で安全な広い屋内遊戯室を完備しています。
 思いっきり体を動かして、 走ったり遊んだり、また発表会等の行事を行うことができる
 安全で快適な空間を提供します。