HOME >モンテッソーリ教育について

  「子どもは、自ら成長・発達させる力をもって生まれてくる。大人(親や教師)は、その要求を汲み取り、自由を保障し、子どもたちの自発的な活動を援助する存在に徹しなければならない」
マリア・モンテッソーリはこう言っています。
 
  マリア・モンテッソーリ女史は、モンテッソーリ・メソッドなる教育大系の創始者として知られています。女史は、イタリアの医師であり、教育者でした。医学的知識と子供の観察を通し、女史はユニークな教具を多数開発しました。それらは子供の自己発達を助ける有効な手段としての教具です。  
  モンテッソーリ・メソッドとは、「子供の自立」のためには何が必要かを具体的な練習を通して明確に示した教育法です。実際生活の基礎能力から、五感をみがく感覚教育さらに知的教育、人間形成の基礎作りと幅広く、奥の深い教育法として知られています。  
モンテッソーリ・メソッドを実践した乳児保育(0~3歳)
  モンテッソーリ女史は、乳児期の子供には「自ら成長し発達していく生命のエネルギー」と「環境を吸収する特別の潜在エネルギー」があるといっています。

マリア・モンテッソーリ(1870~1952)

1.自分で成長する力      
  自己成長発達力は「大きくなりたい、立派な人になりたい、一人でできるようになりたい」という自発的なエネルギーです。この内的な生命力は人格を形成する原動力なのです。
ですから、子供には自分で自分を教育する力が隠されているということでもあります。教育は教え込むことではなく、この自己成長発達力を援助し、子供がなんでも「一人でやれるように助けてやる」ことなのです。
「いつでもあなたがやりたいことをしていいよ」という”自由を保障”してあげる事です。これは、大人が過保護や過干渉をしないようにすることでもあります。
2.環境を吸収する力
環境を吸収する力とは、乳幼児に特有な無意識的無記憶的吸収力のことです。言い換えれば環境を吸収してそれに適応する人格を作る能力のことです。
子供は見たものを思い出しはしませんが、見たものすべてを吸収し、それがその子の精神の一部となっていきます。そして、両親や保育士の人格やその土地の言語、文化、風土を吸収して自分の人格を創りあげていくのです。
このためには子供がその時期にやりたいものがある”豊かな環境づくり”が大切です。
 
3.3才までの自由の保障
0才の赤ちゃんは、まだ自分と他人の境さえ意識していません。0才の子は自分の中から湧き上ってくる自発性を感じたままに動くだけです。
2才になっても”自分で”が動き始めますが、まだ自分の要求を選ぶまでには育ってません。
しかし、3才までの子供には内面の感受性が強く、自然のプログラムを自分で感じ取って、食事の自立、自立歩行、言語の獲得とみごとに自立の道をたどる力があります。即ち、自由にふるまう前に「一人立ちに必要な動きを何でも自由に練習させてください」と頼んでいるのです。
この時期はとにかく動きたがっています。動くように一生懸命に努力している時期ですから、この時期を保障してあげることが”自由を保障する”ことにつながっていきます。
4.無意識の吸収
  動物の中で、人間だけがどんな環境にも適応出来る動物だと言われています。その中でも特に生後6年間は環境への適応の時期です。その6年間でも3才までは無意識的に適応する時期であり、3才から6才までは意識的に適応する時期という違いが見られます。
3才までは周りの環境をすべて吸収してしまいますが、3才過ぎると周りの環境から選び取りながら吸収していきます。すなわち、3才頃になって初めて完全な記憶が始まるのです。
3才までは人格の基礎が形成される時期です。昔から「三つ子の魂百まで」とか、最近は「三才からでは遅すぎる」とか言われていますが、教育上もっとも大切な時期と言えるでしょう。この大切な時期のポイントは環境です。環境を選べない動けない子供に代わって、大人が良い環境を準備してあげることが必要です。
5.身体より精神
生後3年間に心身ともに驚くほどの成長をします。身体の発達については誰もが気付きますが、精神の発達の著しさには気付かない人が多いのではないでしょうか。
大脳をはじめ神経組織の80%が3才までに育つことから考えても、身体の発達よりも精神の発達の方を優先させて育つように自然が仕組んでいるのがわかります。出生のときはほとんど無の状態だった精神はわずか2年間のうちに感覚・情意・社会性・知性・意志といった精神的な働きを作り上げ、人格の大部分を無意識のうちに作り上げていくのです。周りの環境を写真のフィルムのようにすべて吸収し、生まれるとすぐから精神性を築く準備をします。このことについてモンテッソーリ女史は「人生における最初の活動は知性の建設である」と言っています。
6.愛情はすべての土台
  0才から3才までの時期に必要とされるものの一つが”親や保育者の愛情”です。小さい子ほど周りの人の愛情を敏感に感じ取る力があるだけでなく、周りの大人を無条件に愛してくれる愛の教師でもあります。いやいやながら飲ませた母乳で消化不良を起こした実例があるほどに感じやすい時期と言われています。しかも、赤ちゃんは愛情の深さまでも感じることが出来るのでしょうか。8時間お世話をしてくれる保育園の先生よりも、5時間位しか接しない仕事を持ったお母さんの方が大好きなのです。
「あなたが生まれてきてくれて本当に嬉しい」といった、生きている事自体を喜んでくれてそれを感じさせてくれる大人と過ごしている子供はいきいきしています。逆に愛されず情緒が不安定な時の子供は、どんなに能力があっても、どんなに環境が良くても精神が働こうとしません。
愛が不足すれば、どんなに整えられた環境があっても子どもの成長は止まってしまいます。
愛は、肉体の成長をはじめ、自己発達成長力、環境を吸収する力、環境、自由といったすべてが動き出すための潤滑油なのです。